(公社)広島県宅地建物取引業協会

賃貸住宅管理業の登録制度施行に伴う「業務管理者講習」のご案内 

賃貸住宅管理業登録制度(「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」)が6月15日に施行されます。これにより、一定の賃貸住宅管理業者には登録が義務付けられ、登録業者には事務所毎に「業務管理者」を配置することが義務付けられます。

この「業務管理者」については、令和3年度からの賃貸不動産経営管理士試験が予定されているほか、一定の宅地建物取引士が「賃貸住宅管理業業務管理者講習」を受講する方法、および一定の賃貸不動産経営管理士が「業務管理者移行講習」を受講する方法が用意されます。

これらの講習については、(一社)賃貸不動産経営管理士協議会が国土交通大臣の指定実施機関となり、各団体が実施機関認定協力機関として実際の講習を行うこととなり、(一財)ハトマーク支援機構が「宅地建物取引士向け」、(公財)日本賃貸住宅管理協会が「賃貸不動産経営管理士向け」、の業務管理者講習を実施いたしますので、詳細につきましては、各団体のホームページをご参照ください。

(一財)ハトマーク支援機構実施の「宅地建物取引士向け」業務管理者講習は、こちら

(公財)日本賃貸住宅管理協会実施の「賃貸不動産経営管理士向け」業務管理者講習は、こちら